妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>子育て>自分は大丈夫だと思っていてもなるかも知れない産後うつ。周囲にもっと甘えよう!

自分は大丈夫だと思っていてもなるかも知れない産後うつ。周囲にもっと甘えよう!

初めての出産は、未知の世界が無限に広がります。
24時間の母親業で社会から遮断されたような感覚になり孤独を味わう人も多いのではないでしょうか?
ワンオペ育児(パートナーにも頼らず一人でやる育児)なんて言葉も最近は耳にするようになりました。
子育てにマニュアルもないし育児書どおりにならないのが子育てです。
力を抜いて子育てをしていくためのヒントを見つけるのがポイントです。

■母親という立場に惑わされない

 母親という理想像を持っていませんか?母親とはこうあるべき!こうでなくちゃいけない!と
産んだ時から親としての責任で一生懸命になり過ぎるママも多いみたいです。
「母親として」という理想で甘えられなくなってしまうことも。
自分一人で頑張らなくてはいけないと思う人も多いからこそ、
24時間子どもと居るより周りに甘えて1時間でも2時間でも自分時間を作ることがストレスを溜めない第一歩です。
産まれたその日から完璧に全てをやりこなせる母親になる必要はありません。
自分時間がない事でフラストレーションを抱えていませんか?

■自分時間がないと陥りやすい産後うつ

女性の社会進出が進み、社会で評価されてきた女性にとって子育ては
社会から遮断される感覚になることも少なくないですよね。
休む暇もなく育児と家事をこなす日々は流れ作業をしているような感覚になりがちです。
慣れないことで心身共に疲れ空虚感に襲われることがありませんか?
私を含めてそう感じるママは少なくありません。
そんな時は一人の時間を増やしてみてはどうでしょう?
ウィンドウショッピングや好きな事をする時間でもいいと思います。
ここで重要なのは「やらなくていけない」という事から少し距離を置き、周りに呼びかけてサポートしてもらうことだと思います。
力まず子育てをして産後うつ(ひとりぼっちの子育て)にならないように心がけてみませんか?


出産する年齢もさまざまで体力と気持ちのギャップを感じる人もいるでしょう。
できない自分を責めたり、苦しめたりするのではなく
周りの人に手伝ってもらえるように声をかけることで気持ちも体も変わってきます。
頼むことは悪いことではないし責任を放棄したわけでもないと思いますよ。
子育てで一番大切なのは子どもをコントロールする事ではないし、かと言って母親として我慢して飲みこむことでもないと思ってます。
自分自身も子どもも観察すること。
客観的に自分のストレスや疲れと向かい合って適度に息抜きをすること。
育児書に載っていない例は沢山あります。
不安になった時、孤独を感じたとき友人や先輩ママ、
親や家族などにサポートしてもらい一人子育てをしないようにしてみてはどうでしょう?

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP