妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>子育て>子どもを伸ばす褒め方&叱り方

子どもを伸ばす褒め方&叱り方

毎日の育児お疲れ様です。
良い褒め方とダメな叱り方を簡単にまとめてみました。
最近よく耳にする自己肯定感。そもそも、なにそれ?と、ご存じない方もいらっしゃると思います。
『自分は必要な存在なんだ』『自分は大切なんだ』『自分には価値がある』と、
褒められた事が自信に繋がり、将来色々な事に挑戦していくことができます。
逆に自己肯定感が低いと、『自分なんか・・・』と、消極的になります。
例えば両親や、先生の顔色を伺う『良い子ちゃん』も自己肯定感が低く、自分の長所がわかりません。
(筆者はこれでした。)

■『頑張れ』よりも、『頑張ったね、一緒に頑張ろう』

例えばテストの点数が悪くても、以前より上がっていれば『前回より上がってる!頑張ったね!』と、プロセスを褒めます。
むやみにおだてるのはNG。
何を頑張ったのか、具体的に分かりやすく伝えましょう。

■一緒に喜ぶ

出来ない事を指摘するより、出来たときにすかさず褒めたり、一緒に喜んであげる。
すると、ママが喜んでくれた!!と、子どものやる気に繋がります。
特に『嬉しいな』『ありがとう』『助かったよ』などの感謝言葉は、とても良い心の栄養になります。
幼児期では、なかなかおもちゃなどお片付けが上手くできなかったりしますが、
そんな時は「これをお片付けしたいんだけど教えてくれる?」と言うのが有効なんだそう。
子供はできないようにみえて実は日頃言われていることをしっかり理解していたりします。
早くやるように急かすのではなく、子供に「教えてほしい」というスタンスで接すると
ちょっぴり大きくなれた気がして子供たちも自慢げに色々やってくれます。
是非一度お試しください。

■叱る=怒ること?

叱る=怒ることではありません。
「叱ると嫌われるから」
なんていうのを耳にした事がありますが、叱ることは感情的に怒ることではありません。
何が間違いか、正しい物事を教え導くこと。
叱るときは感情的ではなく、冷静になる必要があります。
『〇〇するとママは悲しいな』『〇〇してくれると嬉しいな』と、感情を言葉で伝えると良いです。
そして、人格を否定しないこと。
他人と比べないこと。
何がダメなのか具体的に短く、子どもの目を見て静止してから伝えましょう。
遠くから『ダメでしょー!』では、子どもワールドには響きません。
愛情を持って冷静に叱れば、嫌われるということはありません。


褒め方が分からないときは抱っこや、抱きしめることで愛情は伝わります。
目を見てお話しするのも伝わります。
育児書を読まれる方が意外と少ないという事に驚きました。
育児書には、子育てをする気持ちが楽になるヒントがたくさん散りばめてあると思います。
本はちょっと…という、パパさん&ママさんにも興味を持っていただけたら幸いです。

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP