妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>子育て>気を付けたい熱中症!必読!熱中症の対策と応急処置のまとめ

気を付けたい熱中症!必読!熱中症の対策と応急処置のまとめ

この時期に増えてくるのが熱中症。
特に子供は大人以上に熱中症になりやすく、また自分でも気付かないこともあるので、子供の様子の変化は私たち大人が注意深く見守る必要があります。
室内だからと安心は禁物なのをご存知ですか?
意外と詳しくは知らない熱中症のこと、対策と応急処置も含めてここで改めて覚えておきましょう。

■こんな時は熱中症かも?

めまいや立ちくらみ、汗が異様に出るまたは汗が出ない。
肌が赤く、触ると高熱の時のように熱い。
だるさ、吐き気、頭痛、原因不明の身体の痛み。

これらに当てはまる症状があると熱中症になっているもしくはなりそうな状態かも知れません。
もしぐったりしたり意識が薄れている場合は重度の熱中症で、
すぐに病院に行く必要があります。

子供の場合は遊んでいてこういった症状が出ても我慢してしまう傾向があります。
暑い日に外で遊ぶ場合、また室内でも風が少ない日でエアコンも使用していない場合は
よく観察してちょっとした変化にも気付いてあげることが大切です。

■熱中症を予防するために必要なこと

まずは基本の水分と塩分の補給です。
ポカリスエットやグリーンダカラなどが熱中症予防の水分補給には向いています。
スポーツドリンクでもいいのですが、
スポーツドリンクは運動時の水分補給を目的に作られているので少し成分が違います。

大切なのは水分だけでなく塩分(ミネラル)も合わせて摂ること。
熱中症対策でお水だけ飲むのではダメな理由がこれです。
とは言え、糖分の摂りすぎも気になるところです。

そんな時にいいのが麦茶。
麦茶はミネラルが含まれています。
またノンカフェインなので大人から子供まで気にせず飲むことができます。
昔から夏に麦茶を飲むのにはちゃんと理由があったんですね。

離乳食前の乳児の場合は濡れタオルで身体を拭くことで身体を冷やすお手伝いをしてあげたり母乳やミルクで水分補給します。
もちろん飲みたがらない場合は無理して飲ませる必要はありません。

■もし熱中症になってしまったら

熱中症の疑いがある状態になってしまったら、まず日陰で風のある場所に運びます。
エアコンのある室内に移動できるならなお良いです。
可能な限り服を脱がせます。
ベルトをしている場合はベルトを緩めるといいでしょう。

保冷剤やアイスノンを用意できるなら首やわきの下、足の付け根といった太い血管がある場所に置いて冷やします。

重度の熱中症の場合はこれだけでは不十分なので、消毒用か度数の高いアルコールを使ったり
アルコールが心配な(特にアルコールで腫れたことがあったり小さなお子さん)場合は
霧吹きや直接水を身体にかけて風をあてて気化熱で身体の熱をとります。
汗が出なくなった場合は気化熱を利用する方法は特に有効です。

ここで間違っても乾いたタオルなどで汗を拭いたりしないこと。
汗は気化熱で体温を下げようと出てくるものです。
濡れているタオルでそれを助けるのはいい方法ですが、乾いたタオルで汗を拭きとってしまうのは厳禁です。

重度であるようならすぐに病院を受診。

軽度の場合でも症状が落ち着いてしばらくは安静にしていた方が安心です。
吐き気もなく意識もはっきりとあるようなら水分補給もします。
もし用意できるならOS-1を飲ませると効果的です。

OS-1は経口補水液で飲む点滴です。
熱中症予防ではなく、熱中症になってしまった場合に飲むのが◎です。
塩分が他の飲料と比べて濃いめですが、
もし美味しく感じた場合は身体のミネラル分が失われており
熱中症の状態にあるということです。


思った以上に脱水症状は恐ろしい状態です。
汗をかいた分の水分、塩分補給は心掛けることが大切です。
熱中症は暑いだけでなく湿度や風量など一定の条件が揃うとなりやすくなります。

暑くないと感じてもなってしまうのが熱中症なのです。
特にエアコンの風は身体に悪いから…と付けないままでいると、
気付いた時には重度の熱中症になっていたなんてことも。

室内にいる時の方が熱中症になりやすいというデータもあります。
上手く扇風機やエアコンも利用しながら夏を乗り越えたいですね。

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP