妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>妊娠>陣痛のジンクス!それって本当?

陣痛のジンクス!それって本当?

臨月を迎えると、長かったようで短い妊娠期間も残りわずかとなり、もう少しで赤ちゃんに会えるとソワソワしますね。
正産期に入ると早く赤ちゃんに会いたいと陣痛を起こしやすくするためのジンクスをママたちが試しているのをご存知ですか?
私もそんなジンクスを聞いて実践してみた1人です。
そこで今回は、私が試した4つのジンクスの紹介と感想をまとめてみました。

■オロナミンCを飲む

おそらく多くのママさんが聞いているだろう有名なジンクスです。
実践しやすいのもおそらく理由の一つ。
出産直前に体力をつけておくために飲んだ方がいらっしゃったことから広まったのかも知れません。
オロナミンCはカフェインと糖分が含まれています。
カフェインはそこまでではないものの糖分が多く妊婦さんにはあまりおすすめできないので、試される方は飲む量に気を付けて下さい。
ちなみに私は出産予定日の1週間前から毎日1本飲んでいましたが、予定日を過ぎたころに破水し入院となりましたので、陣痛を促す効果は感じられませんでした。

■焼き肉を食べる

こちらもスタミナがつきそうなジンクスですね。
妊娠中に一度は耳にする有名なジンクスですが、医学的根拠はないそうです。
焼き肉は出産したら食べに行けなくなると考え、出産直前に焼き肉を食べる妊婦さんが多く、そのタイミングで陣痛が重なりやすくなったと考えられています。
我が家は2日続けてすき焼きを食べて試しましたが、臨月の大きなお腹に圧迫された胃にとって、お肉の脂は負担が大きすぎたことを覚えています。

■ラズベリーリーフティーを飲む

別名、安産のお茶とも呼ばれ子宮収縮効果があると言われています。
そのため陣痛が促されると考えられたジンクスです。
子宮収縮に作用し出産にいい影響があると言われてますが、ラズベリーリーフティーを飲むだけで陣痛が起こるという研究結果はないそうです。
ちなみに私も臨月に入ってから友人にプレゼントしてもらい、毎日1杯飲んでいました。

■新月・満月の時はお産が重なる

女性の体と月は何かと関連付けられていますよね。
ちなみに私は新月・満月の時の出産ではありませんでした。
実際の調査では、大きな差異は見られないとのデータがあるそうですが、私は産後に助産師さんから「新月や満月の日はなぜかお産が重なって、希望の部屋に入れないママさんが多いから今日は選べてよかったね」と言われました。
出産現場で働く方に言われると、やっぱりそうなのかなと思いますよね。


以上が私の試した陣痛のジンクスです。
特に効果的だったものはありませんが、初産にも関わらず陣痛から4時間のスピード出産になったのはラズベリーリーフティーの効果だと思いたいです。
しかし科学的に証明されているわけでなく、あくまでも個人的な感想になります。
その他の陣痛ジンクスとして、階段の上り下りやウォーキングなどの運動系もあるようです。
帝王切開を予定している場合は陣痛が起きると緊急帝王切開になる場合もあるのでジンクスは試さないようにしましょう。
また、陣痛はママと赤ちゃんの準備ができて起こるものなので、その時が来るまでゆったりとした気持ちで最後の妊婦生活を楽しんで下さいね。

マザーズ安産ラズベリーリーフティー100%大型三角ティーパック【1.8g×20ヶ入り】

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP