妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>その他>意外と簡単!シミ抜き方法

意外と簡単!シミ抜き方法

 離乳食が進むと毎日のように食べこぼしてしまい、シミがなかなか落ちなくてお困りではありませんか?
離乳食などで食べるものを中心に、シミ抜き方法をご紹介します。

■かぼちゃ

用意する物→食器用洗剤、お湯、重曹、ワイドハイター

固形物は取り除きシミの上に指で洗剤を塗りお湯で流します。
(お湯の温度は高めの方が落ちやすいですが、火傷には注意して下さい。)
綿素材はシミが少し残る場合があるので、重曹&ワイドハイターを混ぜたものに一晩浸け置きしてから洗濯機で洗います。

■トマトソース

用意する物→食器用洗剤、歯ブラシ、お湯、ワイドハイター

固形物は取り除きシミの部分をお湯で軽く濡らし洗剤を歯ブラシでトントンと馴染ませ、よく揉みほぐしお湯ですすぎます。
落ちなければ、ワイドハイターに浸け置きしてから洗濯機洗います。

■カレー

用意する物→食器用洗剤

シミ部分に洗剤をつけて揉み洗いします。
この時他の部分は濡れないようにします。
洗剤で落ちないシミは直射日光を当てて干すとキレイになります。

■果汁・醤油

用意する物→水、ワイドハイター

これらは水溶性なので、こぼして直ぐなら水で落ちます。
外出時に水のある場所であればシミの部分をつまみ、水であらかた落としておきます。
時間が経ってしまったものは落ちづらいので、ワイドハイターに浸け置きしてから洗濯機で洗います。

■柑橘系

用意する物→食器用洗剤

シミ部分を水で濡らし洗剤をつけ押しつけるように軽く叩き、すすいでから洗濯機で洗います。

■ぶどう・いちご・ブルーベリー系

用意する物→食器用洗剤、ワイドハイター、綿棒

ワイドハイターを綿棒につけシミの部分に直接ポンポンと付け、そのあと浸け置きしてから洗濯機で洗います。

■注意点

洗濯した後にシミ抜きをすると取れにくくなるので、必ずシミ抜きをしたあとに洗濯しましょう。
粉末の酸素系漂白剤に浸け置きする場合は、40℃~50℃のお湯を用意して下さい。
塩素系漂白剤(ブリーチ)は使用しないで下さい。色落ち、生地が傷む原因になります。
色落ちが心配なものは、洋服裏の縫い代部分に漂白剤を綿棒などで少しつけドライヤーで乾かし、変化がなければ使用できます。
乾くと落ちづらくなるので、とりあえず浸け置きしておくと良いです。


子どもは何かと汚すものです。
汚しても綺麗にシミ抜きできれば気にせず食べさせる事ができると思います。
洗濯機に入れる前に一度挑戦してみて下さい。

ドクターベックマン シミとり 携帯用 ステインペン 多目的タイプ 9ml

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP