妊娠中のママから子育てママに役立つ情報とお家で出来るお仕事紹介を配信しています 

mama*information

HOME>コラム>子育て>知っておけば安心、乳幼児の発熱

知っておけば安心、乳幼児の発熱

乳幼児の初めて発熱はどうしようと親が不安になることもありますよね。
慣れてくれば我が子に合わせた対処の方法も自然と覚えてきますが、
最初は当然分からないことだらけです。
そこで発熱時のケアや受診のタイミングなどをまとめてみました。

■ボーダーラインは38℃くらいから

赤ちゃんの頃は平熱は36.5℃から37.5℃と言われています。
眠くなると手足が熱くなったり、服や気温の変化ですぐに体温が上がるのが赤ちゃんです。
体温調節はまだまだ苦手なのですぐに体温が上がってしまうんですね。
なんらかの原因で37℃台の熱になることはよくあります。
ボーダーラインとして注意が必要になってくるのは38℃から。
できれば38℃以上の熱に気付いたら以降の体温の記録を控えておくと病院で診断の参考になります。

■熱以外の症状はあるか観察する

熱だけということはまぁ少ないと思います。
一般的に風邪なら鼻水や咳も症状として出ているのではないでしょうか。
他に異変がないか注意深く観察することが大切です。
そもそも熱は菌やウイルスと戦うための反応です。
熱が上がれば身体の中の免疫が活性化されて戦いやすい環境になるので熱が出るのです。
とは言え、高熱のままでは体力が低下して疲れることで病気が悪化することもあるので見極めは大切です。
子供が生後三か月未満の場合はすぐかかりつけの病院に行くか電話で相談、
夜ならこどもの救急 で救急病院を受診するか調べるか小児救急電話相談事業 (#8000) に電話で問い合わせるのが安心です。
生後三か月以降であれば他の症状も合わせて判断します。
初めての熱では受診の目安も分かりづらいと思うのでかかりつけか近くの病院に相談したりこどもの救急 を活用しましょう。

■ひきつけが起きても慌てない

小さい頃には高めの熱でひきつけが起きることもあります。
筆者も我が子の初めてのひきつけでは慌ててしまいました。
ひきつけで大切なのは「けいれんしていた時間」と「けいれんの後の様子」です。
けいれんは五分前後が一般的のようです。また、けいれんの後は眠ってしまうことも多いです。
いきなり意識が無くなったと思ってよく見ると寝てるだけだったりします。
まずは落ち着いて見守り、決して揺さぶったりはしないで下さい。
ひきつけが落ち着いたら観察していた様子を小児救急電話相談事業(#8000) または救急相談センター(#7119) に問い合わせてみましょう。
いきなり救急車を呼ぶ必要はないので問い合わせた上で救急病院への受診を考えてみるといいです。
ただ、あまりに長くひきつけを起こしている場合は救急車を呼ぶか検討してもいいと思います。
とにかく慌てないことが大事です。


子供は突然体調崩します。
親として冷静に対処して本人も安心できるようにしてあげたいですね。

サイト内検索



mama*informationは
ママの為の情報サイトです

mama*informationへの
ご訪問ありがとうございます。
当サイトでは妊娠中のマタニティーママさんから子育て中のママさんに役立つ情報と
子育てしていても少しは働きたい…そんなママさんの為の情報を配信しています。
情報は現役子育て中のママさんライターが経験や聞いたお話を元に配信しています。

リンク

当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらにご用意している物からお使い下さい。
リンクバナー
相互リンクのお申し込みなどはお問い合わせよりご一報下さい。
お問い合わせ

PR


↑ PAGE TOP